>

飾る雑貨で雰囲気変え

雑貨感のある見せる収納

見せてカワイイ雑貨は見せる収納、ディスプレイし、生活感タップリのものは隠す収納にすることで部屋の雰囲気はおしゃれに変わります。
もし、生活感あふれるものしか家に無い場合、いくつかの物をおしゃれなものに買い替えるだけでも十分に素敵になると思います。

例えば、収納するとなると衛生面でも気になるジョウロ。
ホームセンター感が溢れるものをガラス製やブリキ缶調のおしゃれな見た目なものにするだけで雑貨感のあるインテリアにもなります。
同様に、景品で貰ったようなコップは隠し、部屋の雰囲気に合ったコップを見せるところに並べばカフェ感を出す事ができます。

自分が一番気に入っているもの、可愛い、おしゃれだと思えるものを表に出すことが飽きないコツでもあります。

入れ物を変えるだけでもぐっとオシャレに

プチリフォームといっても、細かいところを変えるだけでもお部屋の雰囲気がオシャレにすることができます。
例えば、調味料。
醤油など買ってきてそのままの容器で使っていませんか。
冷蔵庫や棚の中に入れているから見えないしこのままでいい、と思われるかもしれませんが、他の調味料と全て統一した入れ物に移し替えるだけでスッキリし、取りやすくなったり自分でも使うたびに愛着がわくものです。
小麦粉などの粉物も、袋のままではなく、それぞれガラス製などのおしゃれなタッパーに移し替え、ラベルをつけるだけ。
(ラベルを付け忘れると後々めんどくさい事になるので注意ですが)
毎日目にするものから、細かい説明書きや企業名が見えなくなるだけでぐんとおしゃれ度はアップします。


この記事をシェアする